アメリカ人並に大きなお尻

気になって仕方ないお尻のニキビ

元々、顔にもニキビが出来やすい体質ではないので、ニキビが出来るということは、やはり不衛生にしているというイメージがありました。なので、お尻にのニキビが出来たのに気付いた時は「汚い」と思ってしまい、悲しかったです。私がお尻にニキビが出来る時は、必ず生理後です。生理中はナプキンをつけているので、やはりムレるし擦れるからニキビが出来やすいのだと思います。

 

あと、やっぱり生理の時はナプキンをこまめに交換しても不衛生になりがちで汚いだろうし、女性にとっては避けられないことだし、毎月の生理が苦痛だと言う人も多いと思います。 私もその一人で、生理痛はひどくて体調が優れないし、ナプキンをつけているからお尻に違和感があってムレて気持ち悪いので、憂鬱になります。それに加えて、お尻のニキビが出来てしまった時は最悪です。

 

痛くて座れないし、用を足す時に触れないようにしていても痛いし痒い、知らない間に潰れてしまって出血していることもありました。なので、生理になった時は普段よりも念入りにお風呂で洗うように、気を付けるようになりました。でも強く擦りすぎるのは良くないらしいので、優しく洗ってすすぎ残しがないように気を付けています。

 

あとは、我が家には子どもがいるので、用を足した後はトイレットペーパーで拭いてからトイレにあるお尻拭きで拭くようにしました。ただトイレットペーパーだけで拭くよりサッパリするので、オススメです。でも、ムレたら意味がないので少し間を置いて乾かしてから下着をはくようにしています。ピーチローズの口コミと評価は高いと言われている。

 

 

おしりの気になる黒ずみ

私は大学に入学してからおしゃれに興味を持つようになりました。それと同時に自分の体型にも不満を持つようになりました。私はその当時身長160?の体重52?。全国の平均値でみると身長の割に体重はあまり重くない方なのですが、なぜか下半身デブに見えるのが悩みの種でした。

 

とにかく私はアメリカ人並みのおしりで、とても大きいのでどうしたらもっとかわいいおしりになるのかを勉強しようと思いました。そこで客観的に自分のおしりを見るために、鏡を使って自分のおしりの写真を撮ろうとしたところ、ちょうどおしりの下あたりがかなり黒ずんでいて見た目が汚く見えました。おしりを触ってみるとぶつぶつしたできもののようなものもできていてかなりショックを受けました。正直この時に人生で初めて自分のおしりを見た私。きっと私のおしりは赤ちゃんみたいなもちもちのふっくらとしたきれいなおしりだろうと思っていたのに、私のおしりはまったくの反対でした。

 

私は週末に友達と海へ行こうと約束をしていたので、こんなおしりを見られたらきっと引かれてしまうと思いました。なので仕方なくおしりを隠せるタイプの水着を選びました。
実際に海に友達と行ったのですが、海に行って私が目につくのは女性のおしりばかり。

 

みんなきれいなおしりをしているので何でわたしだけこんなに黒ずんだ汚いおしりをしているんだろうと思いました。
来年の夏までにはこの黒ずみを直して、ビキニを着れるようになったらいいなぁと思います。

 

放置していた巨大な出来物を除去しました。

中学校に入学したあたりから、お尻に出来物ができるようになりました。ニキビの延長のようなものが中心だったのですが、一つだけ感触の違うものがありました。特に気にせずに放置していたのですが、次第に大きくなっていきました。それでもいつかつぶれるものと信じ、中学校を卒業するまで放置し続けました。思い返せば、体育の着替えや修学旅行の入浴時など友人を驚かせてしまうことも多かったので、もっと早く取り除いていればよかったと思います。痛みは全くありませんでしたが、座る際に毎回違和感を覚えるようになったので、約三年越しで除去の手術を行うことにしました。

 

最初に近所の小さな皮膚科クリニックに診てもらったのですが、大きすぎて手に負えず総合病院のお世話になりました。出来物の大きさは縦六センチ横五センチほどになっており、担当した医者もここまで大きなものは初めて見たそうです。一回で手術が終わるのかと思っておりましたが、皮膚の負担の事を考え手術は三回に分けられました。

 

まずお尻の周りに麻酔の注射をするのですが、お尻の皮膚は柔らかいため非常に痛く、出来物の周り全体に効かさなければならなかったので、打つ本数も多くなりました。手術の継続中は常に痛みとかゆみがあり、座る際は出来物がある部分が椅子などに触れないように気を付けていました。

 

最後の三回目の手術で、遂にすべて取り除くことができました。皮膚の一部分の毛穴がふさがってしまい、老廃物が汗などの形で排出されなくなってしまったことが原因だったようです。通常のニキビの油のようなものとは異なり、出来物は「粉瘤」と呼ばれるもので、中には「おから」のような老廃物がごっそりと詰まっていたようです。追加でお尻全体の細かな粉瘤を取り除いてもらいました。三回合計で二万円ほどの費用がかかってしまいましたが、大変すっきりし生活がしやすくなったので手術をしてよかったと思います。

 

お尻のぶつぶつの治し方!自己ケア?病院?どうすればいいの?!